季節の変わり目

暑かった夏があっという間に過ぎ、

季節は秋になりつつあります。

こんな季節の変わり目、朝晩が急に涼しくなり

気温の変化に体がついていけずに体調を崩したり

風邪を引きやすくなったりします。

『自律神経の乱れ』なんて言葉もよく耳にしますが

こういう季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなる

頃でもあります。

 

自律神経とは、簡単に言うと無意識のうちに自動的に

働いてくれる神経のことです。

具体的に言いますと・・・

口から入った食べ物を胃で消化したり、腸で栄養分を

体に吸収したり、血液を全身に循環させたり、体内の

温度調節や、体温が上がったら汗を出したり、睡眠中の

呼吸など、本人が意識してやっているのではなく、

これらは24時間フル稼働で体調を整えるために

自動的にやってくれているのです。

 

自律神経の乱れは、ストレスや睡眠不足なども影響しますが

季節の変わり目にも、とても影響しやすいのです。

 

この自律神経の乱れ、具体的な症状としては、

  • 疲れが取れにくい、体がだるい
  • 便秘や下痢、胃腸の不調
  • 頭痛、肩こり
  • めまい、立ちくらみ

などが考えられます。

季節の変わり目への対策については

また次回、お伝えしたいと思います。